Take The Risk or Lose The Chance ゴローのバフェット流米国株式投資術

投資海賊ゴローのまだ見ぬ財宝SDGsを探す航海のHISTORY

【経済分析】米国株式に投資するには、今は高すぎて手が出せないのか? バフェット指数で見てみよう!

こんにちは!
バフェット流「米国株式へのフォーカス投資」を実践しているゴローです。

 

今日は雨で少し肌寒かったですが、とある有名なアナリストの方とお話しができて、勉強になったので、良い一日だったと思っています。

 

 

ゴローのミリオン・ダラー号の航海士として、

 

「ぜひ共に旅をして頂きたい。」

 

そう思ったゴローでした。

 

ゴローにも海図を読める仲間が必要だな・・・

 

f:id:financial_freedom:20190306223623j:plain

 

 

さて、今日は「米国株式は高すぎて手が出せないのか?」について、見ていきましょう。

 

バフェット指数と株価

米国株式は、2018年末の暴落から、この1月~2月で一気に株価を回復しましたが、果たして、現在の米国株式は高いのか、安いのか、どちらなのでしょうか。

 

それでは、ウォーレン・バフェットが株価水準を「割高」か「割安」か、判断していると言われている指数をみてみましょう。

 

その名も「バフェット指数」です。

 

計算式は、以下

株式時価総額 ÷ 名目GDP × 100(%)

 

この数値が、100%であれば、(株式時価総額=名目GDP)ということを意味しており、バフェット指数が100%を超えると割高だと言われています。

 

株式時価総額は、過去の歴史から見てみると、名目GDPと相関関係にあることがわかっています。

 

つまり、名目GDPが成長し、大きくなればなるほど、株式時価総額は大きくなる、という話です。

 

それでは、現在の米国株式のバフェット指数を見てみましょう。

 

米国株式のバフェット指数

139.30

f:id:financial_freedom:20190306224715p:plain

バフェット指数(アメリカ)

現時点で、すでにバフェット指数が100を超えており、米国株式は割高であることがわかります。

2018年末の暴落でさえ、バフェット指数は120を超えており、さらなる暴落が起こっていてもおかしくなかった、と言えると思います。

 

それでは、日本株式のバフェット指数はどうなっているのでしょうか。

 

日本株式のバフェット指数

114.00

f:id:financial_freedom:20190306225337p:plain

バフェット指数(日本)

日本株式のバフェット指数は、米国株式の139.30とは異なり、まだまだマイルドな114.00でした。

 

しかし、100%を超えているわけですから、「日本株式もまだまだ割高である」と言うこともできると思います。

 

2018年末の株式市場の暴落から、米国株式は投資資金を集め、もとの水準に戻ってきていますが、日本株式は下がったままです。

日本株式が「出遅れている」と言われる理由ですね。

 

米国株式を買うタイミングは?

正直なところ、「今ではない」と考えます。

為替レートもドル円は112円付近をウロウロしています。

 

ドル円が112円付近だと、「買い時」というよりは「売り時」だと思いますので、

「今から円をドルに交換して、米国株式に投資する」

というアクションは、多くの人にとっては取りづらいものと思います。

 

今であれば、米国株式というよりは、日本株式に投資した方がいいかもしれません。

時期的にも3月決算の日本株式を買えば、配当取りもできます。

 

もしくは、配当取りを狙っている投資家が、3月末になってくると株式を買い始めるので、日本の株式は株価が高くなりがちです。

そこを狙って売却益を出すのも良いかもしれません。

 

正直なところ、米国株式が上昇しているときは、ゴローが見ている限りでは、

「米国株高=円安」

となっているケースが多いので、米国株高+円安のダブルパンチが効いている中で、米国株式を買い始めるのはタイミング的には、あまりよくないなと思っています。

 

とはいえ、米国主要企業の2018年10-12月期の予想増益率は、

前年同期比でみて、+16.2%と、きわめて強い業績であることも確かです。

 

業績予想と、株価水準はもちろん、相関関係にありますから、米国株式が高いのは当然といえば当然かなと。

 

「2019年度も、米国企業の業績はまだまだ伸びる!」

 

という方はどんどん投資すべきしょうが、やはりゴローとしては、今の株価水準での投資は控えて「もう少し待ってみては」と思います。

 

いつかはリセッションがきて、株価が暴落するときが来ると思います。

 

その時こそ、「バフェット流・フォーカス投資」で、

暴落した優良企業の株式を買いまくりましょう!!

もちろん、そのタイミングは、マーケットが落ち着いてから、少しだけ値を戻したかなというところで買うようにしましょう。

さらなる暴落に巻き込まれるかもしれませんから。

 

暴落したら、恐れず買おう!!

 

 

Take the Risk or Lose the Chance.

 

 ★大変励みになります。応援よろしくおねがいします!

 


外国株式ランキング

 

 

 

 

ゴローを年間配当100万円に導いてくれた本を紹介します!

www.56likebuffett.net