Take The Risk or Lose The Chance ゴローのバフェット流米国株式投資術

投資海賊ゴローのまだ見ぬ財宝SDGsを探す航海のHISTORY

【経済分析】為替(ドル円)と日経平均の関連性。フェアバリューについて

こんにちは!

バフェット流「米国株式へのフォーカス投資」を実践するゴローです。

 

お聞きになったことがあるかもしれませんが、

よく、「円安・株高」とか、「円高・株安」などと言われることがあります。

 

これは、

「円安になると、日本企業は輸出超過の国なので、円安の恩恵を受けて企業業績が良くなると予想され、日本株は上昇する」

 

ということを、短くまとめると「円安・株高」とか、「円高・株安」と言っているにすぎません。

 

今日は、「ドル円レートと日経平均の連動性」について、見ていきたいと思います。

 

f:id:financial_freedom:20190317103020j:plain

 

 

為替(ドル円)と日経平均の連動性。フェアバリューについて

これは、過去の株価と為替の値動きから想定される、予測値にすぎませんが、ある程度の正確性をもって、株価予想ができるのではないかとゴローは考えています。

「過去は未来を表す」です。

 

為替と日経平均の連動性(理論値)
  TOPIXの予想数値 日経平均の予想数値
ドル円レート TOPIXの予想EPS PER 13倍 PER 14倍 PER 15倍 PER 13倍 PER 14倍 PER 15倍
100 109.9 1,429 1,539 1,649 19,002 20,463 21,925
105 114.2 1,485 1,599 1,713 19,745 21,264 22,783
110 118.3 1,538 1,656 1,775 20,454 22,027 23,601
115 121.4 1,578 1,699 1,820 20,981 22,595 24,209
120 124.4 1,617 1,742 1,866 21,509 23,163 24,818

 

この表から行くと、

1ドル=105円かつPER=13倍のとき

日経平均は20,000円割れとなる予想です。

 

この表からわかることは、

「ドル円レートが5円動くと、日経平均フェアバリューは800円変化する。」

 

ご承知の通り、

「為替の変動は株価にたいして大きな影響を及ぼしますので、実際にはもっと変動幅が大きそうだ」

ということが言えそうです。

 

為替については、各金融機関がいろいろな予想を出していますが、

多くの場合、「円高方向」の予想を出しています。

 

つまり、

「日経平均は円高に引きずられて下落する」

ということを彼らは予見しているわけです。

 

米中貿易協議は「合意」するのか?

トランプ大統領自身も、Twitterで「私は中国に対し、関税を下げるよう依頼し、その対価として、米国は中国に対して25%の追加関税を課さない」と発言しました。

 

 

 

 

 これは、ほぼ合意と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

つまり、「これ以上の貿易戦争の拡大は起きず、安定的な経済環境へと変化していくのではないか」、ということです。

 

IMFもOECDも、米中貿易戦争の影響を重く見て、それぞれの経済成長予想を下方修正しました。

 

経済環境が安定すれば、経済成長率も上昇しますから、円高基調となるのを防いでくれるかもしれません。

 

「円安」は、円を使ってモノやサービスを購入する日本人にとっては、不都合ではあります。

ゴローの友人にも、「円高の時に、海外旅行に行く」と言っている人がいるくらいです。

円が強いと、海外での円の購買力が増加します。

これは、貿易についても言えます。

円が強いと、低い価格で海外のモノやサービスを購入することができます。

 

逆に、企業業績は、外貨で得ている収益を、円換算するときに、強い円に置き換えなければなりませんから、海外の通貨の弱さが露呈してしまいます。

ドル建て収益を100ドル計上していて、1ドル=80円のとき、日本の上場企業の財務諸表に表示される円建てのドル収益は8,000円にしかなりませんが、逆に円安の1ドル=120円であれば、その金額は12,000に増加します。

 

つまり、

「円安の方が、円建てで財務諸表を公開している日本企業にとっては、業績が上振れしやすい」

ということになります。

 

経済というのはおもしろいので、理論を学ぶのもいいです。

それがなければ「なぜそうなっているか」がわからないからです。

しかし、そんな知識がなくても、

実際に株価や為替がどう動いているかを見ていると、

「マーケットはきわめて感情的で、人間が動かしているんだな」

 という思いを強くしてしまいます。

 

いくらAIといっても、人間がつくりだしたものだからです。

 

AIが自らディープラーニングして、自分のロジックを組み立て始めるのが西暦何年なのか、定かではありませんが、たとえば、暴落時なんて、人間の感情が一気に表現されるので、面白いなと思っています。

 

といいつつ、ゴローも35ドルで買っていたブリティッシュアメリカンタバコを一部、31ドルで損切りしてしまったので、ゴローもやはり「人間なのだな」という思いを強くせずにはいられません。

 

ブリティッシュアメリカンタバコの株価は、現在40.85ドルです。

 

ゴロー、ビビりすぎだぞ!

 

 

Take the Risk or Lose the Chance.

 

★大変励みになります。応援よろしくおねがいします!

 


外国株式ランキング

 

 

 

 ゴローを年間配当100万円に導いてくれた本を紹介します!

www.56likebuffett.net

こちらの記事もどうぞ!

www.56likebuffett.net

www.56likebuffett.net

www.56likebuffett.net