Take The Risk or Lose The Chance ゴローのバフェット流米国株式投資術

投資海賊ゴローのまだ見ぬ財宝SDGsを探す航海のHISTORY

【確定申告】米国株投資家必見! 1分でわかる、「外国税額控除」の申告方法

こんにちは!

バフェット流「フォーカス投資」を実践する投資海賊ゴローです。

 

2月は一年のうちでもっとも寒い月だと思います。

体調管理には十分に気をつけて、風邪などひかないようにしたいものです。

さて、今日は米国株式投資家のアタマを悩ませている、外国所得税を還付してもらう方法をお伝えします。

 

米国株の外国所得税は10% でも確定申告すれば還付されるよ!

米国株式へ投資をしている方ならご存知だと思いますが、

米国株式から発生する受取配当金(額面)には、まず10%の米国の所得税がかかり、残りの90%の配当金に対して日本の税率である20.315%がかかり、最終的に額面の約71.7%が税引き後の受取配当金となります。

 

なので、証券口座に振り込まれる配当金の印象は「なんかものすごく税金が差し引かれている」だと思います。

 

ちょっとお待ちを。

実は、米国で差し引かれる米国の所得税10%については、日本で確定申告をすると還付されるのです!

 

これは、日米で二国間の租税条約を結んでおり、米国で支払った所得税は、日本で所得税を支払ったことと同じ意味になります。

したがって、

米国所得税控除後の配当に対し、日本でも所得税を支払うと2重課税となるため、「米国で支払った所得税については日本政府は面倒みてあげますよ!」ということで、米国の所得税10%分が日本政府から還付される仕組みです。

 

そろそろ確定申告時期だと思いますので、その申告書の作成方法をお伝えしたいと思います。

 

 

国税庁の「確定申告書作成コーナー」で申告書を作成しよう!

ステマではありません。

自分の支払った所得税を還付してもらうためです。

自分で所得税申告書のソフトウエアを購入し、申告書を作成しても良いかもしれませんが、購入にお金がかかるので、無料で利用できる国税庁の「確定申告書作成コーナー」を利用するのが良いと思います。

 

●確定申告書作成コーナーをGoogleで検索!

f:id:financial_freedom:20190201202702p:plain

確定申告書作成コーナー

このページに着陸しましょう。

この「確定申告書作成コーナー」というピンク色のタブをクリックします。

 

f:id:financial_freedom:20190201202842p:plain

作成コーナートップ

次に、「作成開始」のタブをクリックします。

 

f:id:financial_freedom:20190201202937p:plain

提出方法の選択

e-Taxで申告できる方は左側のタブを、書面で提出する方は右側のタブをクリックします。

 

次の画面では、「利用環境の確認」画面となります。

ご自身のPC環境が、確定申告書作成コーナーの利用環境を満たしているかどうかを確認しましょう。

 

OKであれば、「利用規約に同意して次へ」をクリックします。

f:id:financial_freedom:20190201203921p:plain

年度と税目の選択

次の画面では、「何年度の確定申告書を作成するか」問われます。

今回は、2018/1/1-2018/12/31の申告を行うので、「平成30年分の確定申告書等の作成」をクリックします。

すると、タブが開き、所得税・消費税などの税目を選ぶよう問われます。

ここは「所得税」を選択しましょう。

 

f:id:financial_freedom:20190201204206p:plain

入力方法選択画面

所得の区分に応じて、3つの作成方法があります。

米国株の受取配当金の外国税額を還付しようとする方は、まん中の赤いタブ、「すべての所得対応」を選択しましょう。

 

f:id:financial_freedom:20190201204628p:plain

生年月日等の入力

次に、自分の生年月日を入力し、「所得・所得控除等の入力フォーム」については「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」には「チェックを入れない」ようにして、「次へ」をクリックします。

 

収入金額・所得金額の入力

f:id:financial_freedom:20190201205113p:plain

収入金額・所得金額の入力

サラリーマンの方は給与所得がありますから、「給与所得」をクリックし、今現在まででそろそろ給与明細に同封されている「源泉徴収票」を見ながら入力していきます。

ここは画面通りに入力するだけでOK。

確定申告書作成コーナーの入力画面とその解説が親切で、簡単なので、ここでの説明は省略します。

 

次に、証券会社から郵送されてくる「特定口座年間取引報告書」を見ながら、「配当所得」をクリックし、金額を入力していきます。

f:id:financial_freedom:20190201205924p:plain

「配当所得」をクリックした後の画面

「配当所得」をクリックした後の画面です。

1.配当所得の課税方法の選択 について、「申告分離課税」を選択しましょう。

 (給与所得+配当所得等の合計所得金額によっては、総合課税の方が有利になる場合があるのですが、ここでは申告分離課税を選択することにします)

 

2.株式等の売却・配当・利子等の入力 については、「特定口座年間取引報告書の内容を入力する」タブをクリックしましょう。

f:id:financial_freedom:20190201210726p:plain

「特定口座年間取引報告書」の内容の入力画面

「源泉徴収の選択」、

(1)勘定の種類、

「この特定口座(源泉徴収あり)について申告するものを選択してください」

について、証券会社から郵送された「特定口座年間取引報告書」を見ながらチェックをつけていきます。

すると、画面下の方に、配当金額入力欄や所得税、住民税の入力欄が出てきますので、これも「特定口座年間取引報告書」を見ながら金額を入力していきます。

 

米国株式を保有し、配当金を受け取っている方は、「⑧国外株式又は国外投資信託等」の欄に金額を入力します。

その次に、「特定口座年間取引報告書」の「⑱納付税額」の金額を、申告書作成画面の同じく18番に入力します。

 

入力できたら、「金融商品取引業者等」という欄に証券会社の名称・本支店名を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリックします。

 

すると、エラーメッセージが表示されます。

f:id:financial_freedom:20190201221721p:plain

税率エラーメッセージ

これは、無視して「OK」を選択しましょう。

冒頭でも説明した通り、18番で入力した税額は、配当金額の90%に対してかかっている税金なので、エラーになって当然だからです。

このメッセージが表示されても問題ないので、OKを選択しましょう。

 

f:id:financial_freedom:20190201222149p:plain

配当金エラーメッセージ OK入力後画面

さきほどのエラーメッセージ画面で「OK」を押すと、再度「配当所得」の入力トップページに戻ります。

「平成29年分の申告で上場株式等に係る譲渡損失の金額を繰り越した方」では、繰り越した方は「はい」を選択、繰り越していない方は「いいえ」を選択します。

 

長期投資家は長期ホールドのため、今回は前年度に譲渡損失がなく、損失を繰り越していないという前提で、「いいえ」を選択することにします。

 

最後に、下の方にスクロールし、「入力終了(次へ)>」をクリックします。

 

再度、「収入金額・所得金額の入力」画面に戻ります。

特にこれ以外に収入はないという前提で、下の方にスクロールし、「入力終了(次へ)>」 をクリックします。

 

所得控除の入力

f:id:financial_freedom:20190201222856p:plain

所得控除の入力

 ここでは、「控除」と名前がついていますが、これは「所得控除」です。

米国に納めた所得税の控除は、「税額控除」です。

ですので、まだ「外国税額控除」を入力できませんので、スルーして下の方にスクロールし「入力終了(次へ)>」をクリックします。

 

税額控除の入力 (ようやく外国税額控除が!)

すると、ようやく「税額控除」画面にたどり着きます。

外国税額控除は、この画面で入力します。

画面下の方にある「外国税額控除」を選択しましょう。

f:id:financial_freedom:20190201223420p:plain

税額控除・その他の項目の入力

 「入力する」タブをクリックすると、次の画面が出てきます。

f:id:financial_freedom:20190201224123p:plain

外国税額控除の入力

「外国税額控除の計算がお済みでない方」にチェックを入れると、外国株式の配当金通知書の明細を入力する画面が出てきます。

 

証券会社から、「外国株式の配当のご案内」などといった名前の書類が郵送されてくるか、電子交付されているか、していると思いますので、それを用意してください。

電子交付の場合は、プリントアウトしてください。

(外国税額が記載された配当金通知書は、申告書と一緒に提出する必要があります。)

 

ここで、配当金通知書を見ながら、申告画面に入力していきます。

  • 国名 : アメリカ合衆国
  • 所得の種類 : 株式の配当
  • 税種目 : 所得税
  • 納付確定日 : 配当金通知書の権利確定日(基準日)
  • 納付日 : 配当金通知書の「国内支払日」
  • 源泉・申告(賦課)の区分 : 源泉
  • 所得の計算期間 : 平成30.1.1-平成30.12.31
  • 相手国での課税標準 : 配当金通知書の配当金額(外貨)
  • 通貨 : アメリカドル
  • 円 : 配当金通知書の円ベースの配当金額
  • 左に係る外国所得税額 : 配当金通知書の外国源泉徴収税額(外貨)
  • 通貨 : アメリカドル
  • 円 : 配当金通知書の円ベースの外国源泉徴収税額

 

2. 調整国外所得の計算

については、国外所得(外国株式や外国ETFの売却益、英国株式や豪州株など、外国所得税の発生しない外国株式の配当、外国株式の売却益、外国REITの売却益)など、外国市場に上場している株式等から得られた配当金や売却益のトータル金額を入力します。 

 

3. 外国所得税額の繰越控除余裕額または繰越控除限度額の計算

については、お住まいの都市が政令指定都市であれば「はい」にチェックを、そうでなければ「いいえ」にチェックを入れてください。

 

〇前3年以内の控除余裕額の計算

〇前3年以内の控除限度超過額の計算

 

については、申告書作成画面の指示通りに入力してください。

 

入力できたら、「入力終了(次へ)>」をクリックしてください。

 

すると、「税額控除・その他の項目の入力」のトップページに戻ります。

他に入力する項目がなければ、下の方にスクロールして「入力終了(次へ)>」をクリックしてください。

 

計算結果の確認

f:id:financial_freedom:20190201230352p:plain

計算結果確認

これで申告書の作成は完了です。

お疲れさまでした。

 

あとは、ご自身のマイナンバーや住所氏名、還付金の入金される銀行口座などを入力し、晴れて申告書の作成が完了します。

 

いかがだったでしょうか。

意外とカンタンだったと思います。

 

税金にも詳しくなれて、一石二鳥ですね!

 

それでは。

Take the risk or Lose the chance.

 

★大変励みになります。応援よろしくおねがいします!


外国株式ランキング