Take The Risk or Lose The Chance ゴローのバフェット流米国株式投資術

投資海賊ゴローのまだ見ぬ財宝SDGsを探す航海のHISTORY

【経済分析】ミレニアル世代と外食産業。 クラフトハインツの暴落は予測できたのか?

こんにちは!

バフェット流「米国株式へのフォーカス投資」を実践するゴローです。

 

さて、今日は米国の外食産業について、見ていきたいと思います。

 

f:id:financial_freedom:20190303101447j:plain

 

「ミレニアル世代は外食ばかり」

とか

「ミレニアル世代は家事(料理)をしない」

などと言われていますが、実際のところ、どうなのでしょうか。

 

外食ばかりしているのであれば、外食産業は潤っているはずですし、また、業績も好調なはずです。

 

そんな状況で、たとえば「クラフトハインツの大暴落」が発生しうるのでしょうか。

 

ひとまず、ゴローの分析を書いていきたいと思います。

 

米国の外食産業は・・・

米国の個人消費のうち、約5%が外食産業に向かっています。

モノからサービスへの消費者の嗜好変化などを背景に、外⾷市場は個⼈消費全体を上回る伸びを⽰してきました。

 

大手チェーンの15ドル以上の価格帯のお店から、7ドルのカフェやファストフードのお店がしのぎを削っています。

競争は激しいようです。

 

これまでは、外食産業の売り上げに貢献してきたのは、ベビーブーマー世代でした。

しかし、今、そしてこれからの消費に影響しているのは、「ミレニアル世代」と呼ばれる若い世代です。

 

ミレニアル世代の嗜好と外食産業

⽶国では、現在すでに、1982年以降に⽣まれたミレニアル世代が消費の中⼼を担っており、これまで消費を牽引してきたベビーブー マー世代とは異なる嗜好特性を持っています。

 

ミレニアル世代とは、今の年齢でいうと、だいたい、20歳から35歳くらいまでの人たちです。

 

彼らの特徴は、

・デジタルネイティブ

インターネットやソーシャルメディアを通じて情報を収集している。

消費⾏動がブランドではなくインフルエンサーに左右される、利便性向上のため積極的にITを活⽤している。

 

・強い健康志向

「オーガニック」や「グルテン・フリー」などの「〇〇フリー」食品、「地元産」など⾷材へのこだわりを持っている。

したがって、⼤型ブランドや⼤量⽣産された加⼯⾷品から距離を置いている。

 

・多様な人種

ヒスパニック・アジア系の⼈⼝増加の影響で、⾷事に対するニーズが多様化している。

 

・不況期を経験

節約志向 であるため、値ごろ感のある⾷事を好んでいる。

 

ここまで書いても、すでに「既存の加工食品の売れ行きが悪くなりそうだ」ということが理解できます。

 

ミレニアル世代は「節約志向」で「オーガニック食材」を好むという、一見矛盾した嗜好を持っていることがわかります。

 

それは、ゴローも安くてオーガニックな食材があれば、それに越したことはないです!

 

実際、ゴローも野菜や肉を買うときは、地元産のものを買うようにしていますし、円分の多い加工食品はなるべく避けています。

マクドナルドにも行きません。

 

なんとなく、健康に悪そうだからです。

 

少々高くても、オーガニックなものを選択しているのは事実です。

(ゴローはミレニアル世代ではありませんが)

数年しか違わないので、彼らの気持ちもわかる気がします。

 

実際、「商品やサービスが売れる⇒売り上げが増加する」という流れは、人々の消費行動の結果、そうなっているに過ぎません。

 

人々の求める、価値の高いものを世の中に送り出せた企業が、生き残るようにできています。

 

自己満足な商品やサービスを提供しても、お客様に満足して頂けないのであれば、一度は買ってもらえるかもしれませんが、二度目はおそらく、無いでしょう。

 

そうなってしまわないように、ブランド価値や商品の更新をしていかないと、消費者の嗜好は変化していくわけですから、時代に取り残されてしまいます。

 

実際、コカ・コーラも安泰とは言えません。

 

最近の若者はコカ・コーラを全然飲まないようです。

ゴローには信じられませんが・・・

 

でも、それが時代というものです。

 

タバコも喫煙者が減少し続けてきています。

 

時代は変わります。

 

時代に耐えることのできる企業に、投資しましょう。

 

クラフトハインツは、少し、自分のことだけしか見ていなかったのかもしれませんね。

 

Take the Risk or Lose the Chance.

 

★大変励みになります。応援よろしくおねがいします!

 


外国株式ランキング

 

 

 

ゴローを年間配当100万円に導いてくれた本を紹介します!

www.56likebuffett.net