Take The Risk or Lose The Chance ゴローのバフェット流米国株式投資術

投資海賊ゴローのまだ見ぬ財宝SDGsを探す航海のHISTORY

【銘柄分析】KHC クラフト・ハインツ 利益が予想に届かず暴落!!

こんにちは!

ゴローです。

 

今日、保有株式リストを見ていると>>前日比▲9% 51ドル<< の文字が・・・

なんだ??

と思ってよく見てみると。

クラフト・ハインツでした。

↓【KHC】クラフト・ハインツの1年チャート

f:id:financial_freedom:20181102230935g:plain

きれいに右肩下がってますね。

暴落好きのゴローは、59ドルでクラフト・ハインツ株を購入しました。

・・・

しかし、買ってからというものまったく上がらず、さらに下がる株価・・・

バフェットが保有し、シーゲル銘柄でもあるクラフト・ハインツ・・・

今「間違った選択をしたのか」と考えているところです。

 

●クラフトハインツは、世界最大級の食品・飲料製造企業で、調味料やソース、乳製品、コーヒーなどを提供しています。

クラフト・ハインツの製品は世界約190か国で販売されており、グローバル企業です。

主なブランドは、ハインツ、クラフト、オスカーメイヤー、オレアイダなど。

ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイが筆頭株主です。

 

●クラフト・ハインツの収益性

f:id:financial_freedom:20181102232520j:plain

売上総利益は36.9%で、食品メーカーとしては十分な利益水準であると言えます。

デジタル・グロース株のアマゾンよりも利益率は高いです。

 

PER=6.50

PBR=1.04

PCFR=73.90

PSR=3.44

 

PER=6倍はずいぶん低いですが(トランプ減税のおかげでしょう)、PCFRが73倍・・・

キャッシュを稼げていないのでしょうか。

株価キャッシュフロー倍率は▲26.80倍とマイナス圏です。

 

クラフト・ハインツは増配もストップしましたが、現在の配当利回りは4.44%と十分高い利回りです。

同じ収益が永遠に続くと仮定すれば、投資対象として十分魅力的だと思います。

 

 

●直近のニュース

クラフト・ハインツの2018年7-9月期の決算は利益が市場予想を下回りました。

7-9月期の純利益は6億3000万ドル、1株利益は0.51ドル(前年同期は純利益=9億4400万ドル、1株利益=0.78ドル)でした。

 

売上高は1億1千万ドル増加しましたが、アナリストの予想を下回ったために株価は暴落しています。

 

そのほかにも、クラフト・ハインツはインド事業の一部を708億円で売却することも発表しています。

インド市場に注力する姿勢は保ちつつも、栄養ドリンクなどを手掛けていた事業を売却することで、中核事業に集中する意向を示しています。

 

バフェットが保有し、シーゲル銘柄でもあるクラフト・ハインツ。

しかし、今は絶不調です。

昔ながらの事業で、クラフト・ハインツのケチャップは誰でも見たことがあると思います。特に、洋食の調理場では必ず使っていると思います。

ゴローも昔、調理場でアルバイトをしていましたが、ピザのトマトソースも、カルボナーラのホワイトソースも、クラフト・ハインツ製でした。(当時は合併してなかったですけどね)

 

ゴローは今のところ、絶不調なクラフト・ハインツの買い増しは積極的にはしない方針です。

何らかの「兆し」が見えた時に買ったので良いと思っています。

といっても、ゴローはあまりこの株式については心配していません。世界の人口は右肩上がりで増加し続けますし、世界が豊かになり食卓が欧米化するにつれ、クラフト・ハインツの食品事業は輝きを増すと考えているからです。

地道に配当再投資を続けていきましょう。

 

Take the risk or Lose the chance.


外国株式ランキング

 

www.56likebuffett.net

 

www.56likebuffett.net